マインドマップをラジオを聞きながら完成させる(早書きの1つのタイプ)

↑のマインドマップは、ラジオを聞きながら、書きました。

メインブランチ(中心のイメージ、セントラル・イメージから出ている、太い枝)のカテゴリーも、その時、瞬時に決めています。

右上のブランチは、途中で変更をしていますね。文字が二重線で消してあります。

ちなみに、マインドマップは、書いた文字を消しゴムで消すなどはしません。

右上のように、二重線などで消すまでです。

マインドマップ開発者、トニー・ブザンさんがおっしゃるに、「脳から出た言葉だから、意味が有る」と言うことだそうです(台詞が完全一致か分かりませんが、インストラクター講座の際、聞きました。

このマインドマップ、ラジオを聞きながら、20分位で完成させています。

早い方だと思います。ラジオを聞き始めて書き始め、ラジオ終了と同時にマインドマップは完成しています。

ラジオを聞きながら書く場合、相手が話すスピードに追いかけ続けます。

その為、絵を描く場合でも、綺麗に書こうとか考えていたら、どこかで追いかけが不可能になります。

イラストなどは、アイコンでもいいのですよ(⌒∇⌒)

※ このマインドマップは、セントラルイメージを枠で囲み、その枠から、メインブランチを伸ばしています。

枠で囲むことは極力しないほうが良いとのことです。

メールフォーム

お問い合わせ・お申込みは以下をクリック☆

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です